ハート・イン歯科クリニックの小児歯科

小児歯科

TREATMENTS FOR CHILDREN 子どもの治療方法

お子さんの治療にあたっては、まず歯科クリニックに慣れることを重視し、コミュニケーションを大切にしています。歯垢を染め出すことで、口の中にどれだけむし歯があるのか実際に見てもらいながらお話したり、お口の中のクリーニングをしたりすることから始めます。

こうしてお子さんとの信頼関係ができてから、むし歯の治療をおこないます。また、保護者の方にも治療方針を理解していただけるよう、インフォームドコンセントを徹底しています。

こどもの初期むし歯治療

初期むし歯の治療は行わない?

お子さんの小さなむし歯は、穴があくほどの大きなむし歯でない限り、ほとんどむし歯治療はおこないません。最近では、初期のむし歯は「治療すると逆に悪化する」ということがわかってきました。実は治療しないほうがむし歯は大きくならないのです。むし歯を削って治療した後、詰め物の隙間からむし歯になるケースは、大人でも多いことがわかっています。

フッ素塗布で予防の習慣化

ハート・イン歯科クリニックでは、フッ素塗布をおこなっています。なかには、おひとりで通院し、フッ素塗布をして帰るお子さんもいらっしゃいます。お子さん自身が小さい頃から口腔内に関心を持ち、自発的に歯磨きをしたり、予防のために通院する習慣をつけることは大事なことです。

ハート・イン歯科クリニックのフッ素塗布とシーラント

01 DENTAL SEALANT フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布とは、むし歯になりかかっている歯を再石灰化し、むし歯になりにくい歯質に改善することです。そして究極の予防処置として、奥歯の細かい溝にシーラント(フッ素を配合した樹脂)でコーティングすることで、歯の汚れを落としやすくして、永久歯をむし歯から守る効果があります。

シーラント処置はその後のお子様の歯にとって非常に重要でありますので、拡大鏡(マイクロスコープ)を用いて、適切な処置をおこなっています。

ハート・イン歯科クリニックの歯磨き・食育指導

02 GUIDANCE 歯磨き・食育指導

小学生までのお子さんを持つ親御さんは、お子さんが自力できちんと磨けないところは「仕上げ磨き」をおこなってあげましょう。親御さんの膝に仰向けになっておこなう仕上げ磨きは、親子のスキンシップにもなります。

また、親子が仲良く良好な関係を築くことで、親子のつながりを強めるというメリットもあります。 お子さんのむし歯は、親御さんの責任でもあります。歯の健康のためには、食育も大切です。砂糖を含んだお菓子や飲み物など、むし歯になりやすい食品は控えましょう。

カロリーが高くてやわらかいものは、噛む回数が少なくても食べられますが、むし歯になりやすい食品です。噛みごたえのある食品を咀嚼して食べることは、全身の健康や発達にも関わってきます。たとえば、適切に噛まないと食べられない五穀米などを取り入れるのもおすすめです。

PEDIATRIC CORRECTION 小児矯正(咬合誘導)

小児矯正は咬合誘導(咬み合わせを誘導する)と考えてください。乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時期は、歯が生えると同時に顎や骨も動いています。この時期を利用して歯を動かすのではなく、歯を正しい位置に誘導してあげることが小児矯正とご理解ください。

お子さんの成長を見定めて適切な時期に良好な歯並びを構築することは、将来のお子さんにとって何よりのプレゼントになると思います。

「咬合誘導」は、顎や骨格の成長を利用して、永久歯が生えるスペースを確保し、誘導してあげる大人になってからはできない矯正です。矯正装置は夜だけ装着すればよいものもありますので、お子さんの負担やストレスも少なくすみます。

ハート・イン歯科クリニックの小児矯正(咬合誘導)

CONTACT 診察は予約制です。
お電話またはWEBより
ご予約をお願いします。

平日 9:30~14:00 / 15:00~18:30
土曜・祝日 9:00~13:00 / 14:00~17:00
ご予約
お問い合わせ