お一人お一人にあった予防医療と治療

ハート・イン歯科クリニックのこだわり【その4】

唾液検査の活用

院長の小林です。

前回(全身の健康を考えた歯科治療を提供)に続き、当院のこだわりをご紹介します。

唾液には、健康に関わる多くの働きがあります。例えば、口の中の汚れを洗い流す、酸を中和して口の中を中性に保つ、細菌の繁殖を抑える、再石灰化によってむし歯を防ぐなど、口の中を清潔で健康に保つだけでなく、味覚や発音に関与したり、喉や胃の負担を減らすなど、様々な役割を担っています。

このように唾液には様々な役割がありますが、それと共にお口の健康状態を知るための優れた情報源にもなります。
そんな唾液が持つ情報を、歯とお口の健康維持に活かそうという検査が「唾液検査」 です。唾液に含まれる成分や菌の数を調べることで、歯と歯ぐきの健康やお口の中のリスクを調べることができます。

“自分を知る”ことが何よりも最速、最善で効率よくメンテナンスできます。

当院では、唾液検査のデータを共有することで、効率よく一人一人に合った治療や予防を提供してまいります。

唾液の主な役割

お使いの歯ブラシからブラッシングを分析

唾液検査によってリスクを知るだけでなく、実際にどうしていくかが重要です。

当院では、口腔内を維持するためのセルフケアのアドバイスにも力を入れています。

まずはブラッシングに関してですが、患者様には現在使っている歯ブラシをご持参いただきます。
その歯ブラシのケバの状態を調べて、実際の歯磨きの仕方はどうなっているのか、歯ブラシ自体がお口のサイズに合っているかどうか、また、歯ブラシの毛先の硬さは患者様の歯に合っているかどうか、あるいは硬すぎて歯を削ってしまってはいないかなどを、歯やお口の状態とともにしっかりと診ていきます。

さらに、お仕事や日常生活の様子、1日の過ごし方、ブラッシングするのは1日のうちのいつの時間帯か、普段は1日あたり何回ブラッシングをされているかをお聞きします。
その上で、具体的な歯磨きの仕方についてアドバイスいたします。

自分がブラッシングしている様子と歯の状態がイメージできて、お口に合った歯ブラシを使うようになると、患者様も磨きの仕方などへの関心が高まり、予防治療が進めやすくなります。

患者様の実際のブラッシングを考えた治療内容

歯科診療では、予防歯科と、患者様のお仕事や日常生活の過ごし方などを一体的に考えて治療を進めていく必要があり、患者様にもご理解を頂いております。

たとえばブラッシングについて、歯科医師の方から「110回、あるいは15回、歯磨きをしてください」とお願いしたとします。
日中もご自宅で過ごされる方や主婦の方であれば、可能かもしれません。
しかし、平日の日中に仕事をお持ちの方にそれをお願いしても、実行することはとても難しくなります。さらにご多忙な方なら、「毎日遅く帰ってきて、風呂に入る夜しか歯を磨けない」という方もいらっしゃいます。

患者様の生活環境やご都合は様々ですので、お一人お一人の生活実態に合わせて、歯を磨く方法をご一緒に考え、治療方針を決定していきます。

むし歯などで被せ物が必要になった場合には、患者様のご希望も伺いながら、11回の歯磨きに合った被せ物の形態を考えます。
具体的には、1回の歯磨きで確実に磨けるような、ハリを出したり、あまり汚れが付着しない材質のものを使ったりします。
また、患者様の磨き方のクセも把握し、歯磨きのデータなども分析した上で、磨きやすい歯にする治療を進めていきます。
磨きやすい歯になれば、歯周病予防も進んできて、患者様のQOL(生活の質)の高まりが期待できます。

さらに、歯に被せ物をする治療の場合、精密さを第一に“拡大鏡”や“歯科用顕微鏡”を使用します。
被せ物をする時には歯を削る必要がありますが、そこに“すき間”があれば、再度感染してしまいます。
むし歯菌も大きさがあり、その大きさ以下の精度で、限りなくすき間なく被せ物を装着することにより、感染する確率は極めて低くなります。

また、被せ物に使う材質は、変形が少ない、菌が付着しづらい、口腔内にアレルギーなどの問題を起こさない、精密なレベルに加工できるものを用いることが大切です。
これらは保険外診療となりますが、永続性のある治療、予防歯科につながる治療と考え、確実に実施しています。

全身の健康を考えた歯科治療を提供

ハート・イン歯科クリニックのこだわり【その3】

健康な口腔環境を作っていく

院長の小林です。

前回(「患者様とともに取り組む治療へ『カウンセリングの充実』」)に続き、当院のこだわりをご紹介します。

健康な口腔環境を作っていく。。。このために重要と考えているのは以下の3点です。
① むし歯・歯周病という感染源の除去
② 上顎と下顎で噛む力のバランスのコントロール
③ 上記①と②を維持するメンテナンス

当院では、上記の①+②+③が“三位一体”となることが、『健康な口腔環境』の実現に不可欠と考えています。

マッサージやレーザーを使いながら、筋肉の状態を調整していきます。

「上顎と下顎で噛む力のバランスのコントロール」においては、顎を動かす筋肉の状態を触診して問題点を把握します。

その後、クリニカルなマッサージやレーザーを用いながら、適切な噛み合わせ、すなわち顎のバランスが安定する状態にしていきます。この治療により首や肩の痛み、頭痛などが改善していくケースがあります。

顎の安定、噛み合わせの安定は全身にも大きな影響を与えています。当院では、見た目ではなく、全身の安定のための矯正治療のご提案もさせていただき、治療も行っています。

患者様とともに取り組む治療へ「カウンセリングの充実」

ハート・イン歯科クリニックのこだわり【その2】

治療内容を患者様とともに決定 ご理解のための説明と情報提供を実施

歯や歯茎の状態や痛みの原因、また目に視えない部分の状態などをしっかりとご説明いたします。

院長の小林です。

前回(「徹底した衛生管理で患者様に安全と信頼を」)に続き、当院のこだわりをご紹介します。
当院は、オールマイティな医院として、歯科全般の治療を行っています。
お口や歯の状態、治療の内容と治療後の状態、予防のための対応など、幅広い内容についてご理解いただけるよう、患者様に具体的なご説明やアドバイスをさせていただいています。

患者様ご自身が今どういう病気になっているかという病気の解説や状態の理解、歯や歯茎の痛みの原因、また実際に目では視えない部分の状態などをご説明いたします。
その上で、どのような治療や処置が考えられるか、患者様のご希望はどうかなどを、十分にコミュニケーションを図った上でお聞きし、治療方法を決定していきます。

治療内容は基本的に、日本を始め世界各国で研究や症例が出されて研究がされている根拠のある治療を行っています。
「新しい方法での治療」「新しい材料を使った治療」など、新しい治療は年々出ていますが、歯やお口の病気や治療は10年、20年後に関わる重要な問題です。
多くの歯科医師らにより検証がなされた安心できて信頼性の高い治療のみを実施しています。

また、患者様が歯科治療に関して勉強していただける機会も設けています。
例えば「歯の根の部分の治療をいたします」とご説明した際、「歯の根の部分」やその部位の役割と重要性などをご理解いただくことで、治療後の歯の状態が想像できるようになります。
また、歯茎や歯周組織の様子についてもご理解いただければ、予防歯科と連動した歯と歯茎を健康に保つ対応などを、当院と二人三脚で進めていくことがスムーズにできるようになります。

アニメーションの動画で状態を説明

アニメーション動画をご覧いただくことで、よりイメージしやすくなります。

患者様とご一緒に治療方法を決定する際、患者様にとっては、治療後にどのような状態になるのか、理解が難しい、なかなかイメージがつかめない、ということがあると思います。

そこで当院では、アニメーション動画を使ったご説明をさせていただいております。
例えば、健康な歯が次第にむし歯になっていく様子をアニメーションで観ていただきますと、むし歯でどんどん歯が悪くなっていく様子や、痛みや患部の状態などが視覚的にご理解いただけます。
ご覧になった患者様からは「とてもわかりやすかったです」とご好評をいただいています。
患者様も病気に対する知識が増えていきますと、治療に対する興味も高まってきて、その結果、治療の成績も上がるという相乗効果が期待できます。

当院ではこのように、具体的でわかりやすく、また患者様のお悩みに親身に寄り添うご説明と治療方針決定を何よりも大切に考えて、ご説明させていただいております。
最近は治療に関するセカンドオピニオン(現在かかっている医師以外から、病気や治療に対する見解を聞くこと)のご相談で、他院からのご紹介などで来られる患者様が多くなっております。
セカンドオピニオンにも同様に、患者様のご理解と治療方法の決定に貢献できるよう、誠実に対応させていただいております。

徹底した衛生管理で患者様に安全と信頼を

ハート・イン歯科クリニックのこだわり【その1】

ヨーロッパ基準を満たす設備と機器を導入

院長の小林です。

今回は、当院でもっともこだわっている「患者様の安全を第一に考えた治療の実施」につきまして、ご紹介します。
ご来院いただいている患者様へは、小冊子にまとめてご説明していますが、まだご来院いただいていない患者様にも、ぜひお伝えしたいと思います。

当院が考える「患者様の安全を第一に考えた治療」とは、滅菌による感染症の予防など衛生管理の徹底です。

世界最高級の水準といわれるヨーロッパの医療用滅菌装置クラスB(蒸気注入と真空引き工程を3回以上繰り返しながら滅菌するハイレベルな装置基準)に適合したオートクレーブ(内部を高圧にして病原体を死滅させる滅菌器)による衛生管理を実施しています。

ヨーロッパは滅菌、衛生管理が世界で最も厳しく(BSEの蔓延がきっかけと言われています)、基準を満たしていなければクリニックを開業できないほどです。
日本にはそのような基準は残念ながらありませんが、当院では、この厳しいヨーロッパ基準を満たす設備と機器を導入しています。
他には、ドイツ・ミーレ社の医療機器専用ジェットウォッシャー(93℃の高温下による高圧のジェット水流のアルカリ洗浄と消毒を行います。)や、ヒーター付きの超音波洗浄器を使用して、徹底した衛星管理を実施しています。

衛生管理は妥協なし!“患者さんごとに” 交換・滅菌しています!

患者様の治療終了ごとに全て滅菌

医療機器は使用する直前に滅菌パックから取り出したものを使い、医師やスタッフが触れる部分は、患者様ごとにラップを交換しています。

歯科医院は患者様のお口に入る小型の医療機器や医療材料を扱います。
感染防止のためには、そうした小型機器の洗浄、消毒、滅菌の工程をしっかり管理して実行していくことが大切です。

当院では、患者様の治療室は個室または半個室になっており、治療に関するプライバシーが守られるほか、お一人お一人の患者様の治療が終わった段階で治療室と診療器具類を全てクリーンにします。
治療は患者様のいすの脇に設置されたテーブルやライト、機器類がセットになった「ユニット」を中心に行いますが、お口の中を照らすライトのハンドルなど、医師やスタッフが触れる部分はラップをして、患者様ごとにラップを取り外すようにしています。

また、医療機器は滅菌パックから取り出したものを使い、歯を削るエアタービンは毎回消毒、滅菌します。
最近、このエアタービンからの感染がニュースで話題になりましたが、当院は開院当初からエアタービンの滅菌処理を導入し、実施しています。

滅菌技士の資格者が衛星管理をしています

一般社団法人日本医療機器学会認定の滅菌技士の資格を取得しています。

衛生管理については、院長はもちろん、歯科衛生士も知識と資格(滅菌技士)を取得しています。
衛生管理を徹底するには、ハード(器械)とソフト(人)の両面での対応が重要です。

洗浄・消毒・滅菌の機器類を揃えても、実際にそれを使うスタッフに高い衛生・安全の知識と意識が備わっていなければ実際の効果は期待できません。
そのために院内では治療準備~治療途中~治療終了までの間にも衛生管理をシステム化して、スタッフ対応が対応しています。例えば治療前の診療台の除菌、清掃~治療中における器具器材の管理~診療後の使用器具器材の廃棄、または消毒・滅菌という流れの徹底をしています。

また、スタッフが常に高い意識を保っていけるように、当然ながら、技術や知識、治療全般への認識を高める院内にて研修を重ねています。
衛生管理は患者様にはなかなか視えない部分かもしれません。
しかし実際に来院された多くの患者様は、滅菌パックから取り出した機器を使っている過程や、スタッフが手袋で取り扱う様子などを目にされる機会が多くなっています。

治療の後に、「安心して治療が受けられました」と言っていただくなど、スタッフも当院の衛生管理には自信を持って当たらせていただいています。

  • 当院の衛生管理については

クリスマス

院長の小林です。

 

 12月ということで、世の中がクリスマスの飾りつけで賑わっています。当クリニックのある吉祥寺駅前にも、大きなツリーが電飾と共に街を華やかにしています。

 先日のブログでもお話ししたように、セミナーや勉強会の会場近くには飾りつけが多くなり、当クリニックでもクリスマスの飾りつけをしました。

 恒例行事とは言え、スタッフが一生懸命飾りつけをした待合室は、クリスマスムードと共に温かさが感じられます。

 今年もあと少し。。診療において、待合室の雰囲気同様のあたたかなハート・インな気持ちで、皆さまを迎えていきたいと思います。

クリスマスツリー

セミナー参加

院長の小林です。

 

12月に入り、皆さまもあわただしい日々をお過ごしと思います。寒さでお互い体調を崩さないように気を付けたいものですね。

 さて、昨年から九州へのセミナー参加が続いています。(臨時休診があり、皆さまにはご迷惑おかけしておりますが。。。)

 

昨年から今年の初めまでは、”かみ合わせ”そしてそれに関する筋肉の関わりの重要性について、今までの経験や知識を整理するために参加してきました。おかげさまで卒業して、現在では皆さま方の”かみ合わせ”を様々な角度から診断して、改善する為の視野がとても広がり、多くの人に還元でき、喜んでいただいております。

 

 そして、今年も九州でのセミナーですが、また違ったセミナーに参加しています。知識、技術の研鑽とは不思議なもので、理解して実践していく事で、もっと知りたくなり、よりよいものを求め始めます。昨年まで学んだことをより皆さまに提供するために、さらに踏み込んだ研鑽をし始めてしまっています。。

 

 この研鑽を通じて、今までの感染除去(むし歯、歯周病治療)、力のバランス(噛み合わせ)を整えること、さらに、予知性の高い治療を提供できると考えております。そのためにさらに精進していこうと思います。

 

 もう少しセミナーでの研鑽は続きます。ご迷惑おかけしますが、これらの知識、技術を皆さまへ提供することをお約束することでご容赦ください。 

 

 博多でも夜は、イルミネーションで輝いていました。 当クリニックでも毎年恒例のクリスマスツリーなどの飾りつけをいたします。楽しみにしていてください。

博多

伝えること

院長の小林です。

 寒さも本格になり、着る服も冬の装いになってきて、日陰では寒さがより一層染みるようになりました。

年末に近づくにつれ、体調管理には気を付けたいものです。

 さて、先日ある歯科医師の集まる勉強会で、講演をしてきました。いわゆる”プレゼンテーション”です。内容は再生療法、インプラント、かみ合わせ、審美など多岐にわたりました。

どのように診断をして計画を立て、治療していくのかを系統的にまとめることで、自分の考えを伝えていくことが必要でした。

勉強会を通じて、自分の診療を振り返り、さらにステップアップする良い機会であります。治療方法はドクターによりさまざまな考えがありますが、そのような異なる考えを聞くことで自分の診療を再度見つめ、さらに成長できていくことができます。

患者さんのことを考え、よりよい治療をしていこうと考えるこのような仲間たちと長年勉強会を行えることは、大変幸せなことであります。

 いつもスタッフに言っていますが、伝えることは難しい。。伝えることは本当に自分が理解していないとできないことと考えています。

治療においても、皆さまにどのように伝えるのか?伝えるためにどのようなことが必要なのか?さらに自問自答する機会でありました。

 皆さまに必要な情報を日々研鑽して学び、疑問点をすぐに話しやすい環境をもっと整えていきたいと感じました。

まさに『ハート・イン』に接することを今後も肝に銘じて、日々過ごしていきたいと思います。

 勉強会の場所は日本橋でした。写真であるようにところどころにクリスマスツリーが飾られていました。

クリニックでも飾りつけをして、楽しく皆さまをお迎えしようと思います。

講演会日本橋

国際デンタルショー

国際デンタルショー横浜

院長の小林です。

先日、4年に一度行われます、国際デンタルショーに行ってきました。医療の進歩は著しく、日々様々な設備や器材に注意を払っているつもりですが、驚くようなものが多かったです。当クリニックは、より衛生管理を充実させれないか?また、皆さまに口腔内の状況をもっとわかりやすく伝えるものはないか?そのような設備、器材を見てきました。
今後新たに導入するかもしれません。その時はまた告知させていただきます。

今回の国際デンタルショーの会場は、私が以前の住み慣れた横浜でした。吉祥寺とは一味違った、久しぶりの風景にも懐かしさを感じ、癒されることができました。
もちろん勉強にもなりましたが、心の休息もできた気がします。

よりハート・インな気持ちで、今後の診療を行っていきます。

 

5周年

お祝いの花

院長の小林です。11月に入り、寒さを肌に感じ始めてきています。体調管理には気を付けたいですね。

さて、当クリニックは10月で、開業5年が経ちました。クリニックの考えに賛同して通院してくださる皆さまに支えられてのことと感じています。そして、クリニックで働くスタッフもハート・イン歯科クリニックの理念である「感謝して、感謝される歯科医院」を実現させるよう、日々研鑽に励んでくれていることに感謝します。

スタッフや患者様よりお祝いのお花をいただき、スタッフにはお手紙までいただきました。
手紙は、心に残り、染み渡りますね~。。感謝感謝です。

これらを活力として、今後もより一層吉祥寺という素晴らしい地域の中で、多くの方々に笑顔を届けていけるように頑張っていきたいと思います。

6年目を迎え、皆さまに多くの笑顔をお届けできるように、進み続けるハート・イン歯科クリニックをよろしくお願いいたします。

手作り

院長の小林です。

先日は台風により日本各地で被害が出ました。

皆様は大丈夫でしたでしょうか?
幸い、当クリニックのスタッフ及びクリニック自体にも被害がなく、安堵しております。
自然の力の大きさを改めて感じました。

さて、11月のイベント事は、『ハロウィン』ですね。当クリニックも待合室、通路等に飾り付けをしています。
ハロウィンのコップはお子様に人気で、その笑顔にこちらも笑顔をいただいています。

そして、スタッフからハロウィンのカップケーキをいただきました。スタッフの人数分作ってきてくれ、皆で御馳走になりました。

手作りのカップケーキで、とても美味しくいただきました。

手作り。。とても気持ちが伝わりますね。

当クリニックも、スタッフ一同で手作り感ある、気持ちの伝わるような対応で、皆様をお迎えできればと思います。

imgG53351883_1508855010871

開院記念日

院長の小林です。

気候も涼しくなり、過ごしやすくなってきました。窓を開けているといつのまにかに、寒くなるくらいですね。これから着るものに注意が必要です。

さて、題名にもありましたように、本日10月2日は当クリニックの開院記念日であります。開院して4年経過いたしました。

毎年でありますが、この日を迎えられることは、当クリニックのコンセプトをご理解いただき、通院していただく皆様、そして、そのコンセプトを理解し、行動してくれるスタッフのおかげと大変感謝しております。ありがとうございます‼️

今後も初心を忘れず、当クリニックの理念であります、『感謝して感謝される歯科クリニック』として、『ハート・インな心』で、皆様をお迎えしていきます。

本日、患者さんよりお花をいただきました。お心遣いありがとうございました。

imgG53351883_1506946512137

imgG53351883_1506946512138